話題のご当地B級グルメ『徳島ラーメン』、焼き豚など本場の味をお届け!|赤池食品 株式会社

B級グルメ『徳島ラーメン』、焼き豚などの取り寄せサイト|赤池食品 株式会社

携帯ページ

HOME»  コンテンツ»  徳島ラーメンの歴史

徳島ラーメンの歴史

徳島中華そばのルーツ

戦後まもなく小松島市(徳島市の南隣)で、二木 弘氏が関西で覚えたラーメンを屋台で出したのが徳島中華そばのルーツと言われている(徳島のタウン誌「あわわ」及び『新横浜ラーメン博物館』広報・武内伸氏の調査)。
その後小松島市から徳島市へと伝わり、昭和20年代には多くの屋台が登場し草創期を迎えた。
昭和30年代には屋台ではなく固定店舗が多く開店し第一期黄金時代を迎えた。
この頃のスープの色は、現在注目を浴びているこげ茶色ではなく、豚骨ベースの白色系スープであった。第一期黄金時代に名店と言われた店を何店か紹介するならば、「たらふく、よあけ、八万屋、銀座一福」(徳島市)、「岡本、カサイ、洞月」(小松島市)といったあたりであろうか。
昭和40年位になって、それまでの白色系スープとは一線を画する、ニューウエーブのこげ茶色系スープの名店「広東、いのたに」が誕生し、肉もチャーシューではなく豚バラ肉の甘辛煮付けを提供するというスタイルが登場することになった。

その後、徳島ラーメン専門店は増え続け、今日では、徳島市に約100軒以上の専門店が存在している。徳島市の人口が約27万人であることを考えれば、これはもう立派なラーメン処といえるだろう。
因みに、スープの色で分類するならば、白色系スープの店とこげ茶色系スープの店は、大まかに50%ずつ位となっている。
どちらの色であっても、そのスープの味は豚骨ベースの甘辛こってり味という共通の特徴があり、徳島の人々の舌を満足させ続けている。

徳島中華そばのスープは豚骨をベースにした、こってり味が特徴であるが、このルーツにも訳がある。
徳島には、現在の『日本ハム』の前身である『徳島ハム』があった。
そこでは、1日に約100頭もの豚が解体されたため、大量の豚ガラが安価で出荷されていた。こうした理由から、スープのベースは豚骨となったのである。
この肉と玉子を「肉玉」と称してトッピングする風習は、徳島をおいて他には類を見ない。
徳島ラーメンはその容姿から、「肉玉」のスキヤキ風中華そばと例えられることが多い。

 

麺のルーツ

さて、専門店とスープのルーツについては上記の通りであるが、さらに麺のルーツに触れておこう。
徳島において最初に業務用中華麺を大量生産しはじめたのは、昭和20年代の後半、徳島市中津峰山において久保峰由氏が経営していた『中車』という屋号のそうめん屋さんである。
大陸帰りの山田宗春氏が、職業軍人であった宮川氏にかん水のことを習い、そうめんに炭酸ソーダを入れることで麺に縮みをつけることを久保氏に教えたのが最初であった(中津峰山如意輪寺住職山田戒乗氏の調査)。

その後、注文が増え続け、昭和30年に徳島市富田橋に工場ごと移転し、有限会社徳島中華製麺所を設立した。
この徳島中華製麺所が第一期黄金時代の徳島ラーメン専門店の多くに麺を供給したのであった。
そして昭和30年代中頃になって、徳島中華製麺所と同じ業態の事業所が次々に登場した。
因みに、徳島中華製麺所設立以前には、屋台等々に自分で打った麺で小規模に営業していたそうである。

 

徳島中華そば→徳島ラーメン 全国デビューへ

専門店、スープ、麺のルーツを辿ってきたわけだが、徳島の中華そばを全国的に有名にしたのは、こげ茶色系スープの名店『いのたに』が平成11年、新横浜ラーメン博物館に期間限定出店してからであった。
こげ茶色スープに豚バラ肉が載り、生卵を落とすというビジュアルインパクトの強烈さと相まって全国のマスコミから注目を集めた(それまでは、地元では徳島ラーメンとは言わず、中華そばまたはそばとして親しまれていた)。
地元徳島では、一つの「村おこし」として徳島活性化の起爆剤にしようと、「四国放送」、「あわわ」が頻繁に「徳島ラーメン特集」を組んだことも大きかった。
こうして徳島中華そばは、徳島ラーメンとして全国デビューを果たしたのである。