話題のご当地B級グルメ『徳島ラーメン』、焼き豚など本場の味をお届け!|赤池食品 株式会社

B級グルメ『徳島ラーメン』、焼き豚などの取り寄せサイト|赤池食品 株式会社

携帯ページ

HOME»  過去の一言»  過去の一言 5

過去の一言 5

平成20年5月30日
ギャル曽根、天晴れなり!」の巻

 TBSの番組ランキンの楽園「全国ご当地激ウマ袋入ラーメン」でウチの「徳島中華そば・こってり醤油味2食入」が紹介されたんじょ。ウチが徳島代表になれたことが、ごっつい嬉しかったわよ。

 ほんでも、あのギャル曽根は、ほんまに凄いわ。パパも若い時の武勇伝は結構あるけんど。ギャル曽根の足元にも及ばんわよ。

 ほなけんど、ちょびっとだけ、パパの闘志に火が付いてしもたんじょ。
絶対に負けるとは思うけんど、1ラウンドKOとかのぶざまな負け方はせえへんと思う。3ラウンド位はもつんとちゃうかな。

 パパの主だった戦歴
(昭和52年) ラーメン3杯15分で完食、その栄誉を永く称えられる。
(昭和61年) 酒席後のお茶漬け代わりに、吉野家の牛丼3杯完食。
(昭和63年) 椀子そば大会、1分間で25杯完食、見事優勝。
(平成 3年) ホテル開業記念で1kgステーキ完食、料金無料ゲット。
(平成 5年)  回転寿司で50皿完食、店長と固い固い握手をかわす。
(平成 7年) かつ丼5杯完食、逃げずに戦い、救急車で運ばれる。
 
 どうで、パパやって、若い時は、ブイブイいわせとったんじょ。
 「嗚呼! ハフハフの幸せ!」



平成20年4月12日
「志、定むれば、気盛んなり」の巻

 勉強会があったんで徳島のお隣り、讃岐の高松まで行ってきたんよ。
勉強会開始まで時間がたっぷりあったんで、商店街や大型のショッピングセンターを見学しよったんじょ。
そしたら、知らん間に時間が過ぎてしもて、開始時刻まで20分になってしもたんじょ。

 昼ご飯はまだじゃし、時間も無いしで、滅茶苦茶イライラしてしもたわよ。
ほなけんど、「腹が減っては戦は出来ぬ」。
 セルフの「うどん店」に入って、超特急で食べたんじょ。ほしたらどうで。
 イライラしよった気分が,穏やかな気分に変わったでないで。
 やっぱり、美味しいもんを食べることは、人の心を和ませるもんなんじゃなあ、と心の底から思たわよ。

 美味しいもんを食べた時、大きな幸せではないけんど、小さな幸せを感じるんは、パパだけではないはずじゃ。
 パパは、これを皆にも味おうてもらいとうて一所懸命ラーメンを作んりょんじょ。

「嗚呼! ハフハフの幸せ」



平成20年3月10日
「船中八朔」の巻

 3月の声を聞いたんで、えっとぶりに鳴門に舟釣りに行ったんじょ。大好物の果物、甘~い甘~い「八朔」を持ってな。

 鳴門鯛を釣るにはちょびっとだけ早いようだったんで、急遽、獲物をメバルに替えたんじょ。ほしたら、面白ょいように釣れたわよ。
 釣れ過ぎて、疲れてしもうたぐらいじゃわよ。

 ほなけん、疲労回復のためにビタミンCの豊富な「八朔」を食べたんよ。
ほしたら、ほんまに、疲れやかい、一発で飛んで行ってしもうたわよ。

 昔の人は、ほんまに、ええことを言い残しとんな。

 なあ、坂本竜馬はん。おまはんが昔に言うた「船中八朔」とは、こういうことだったんじゃなあ。
  嗚呼! ハフハフの幸せ。



平成20年2月18日
「相当なテタレよのう」の巻

レンタルDVDで「子連れ狼」を見た。
「この斬り口からして相当なテタレよのう。」
という台詞があった。江戸時代から手タレがおったんか!新しい知識を得てパパは小躍りするくらい嬉しかったんじょ。
 早速、パパは主席卒業の同期の親友に、このことを教えてあげたんじょ。
ほしたら、同期生も、ごっつい感動し、感謝してくれたんじょ。
 同期生に感謝されて、パパはほんまに嬉しかったわよ。

 ほんでも、この時代の手タレって、どこでどんな仕事をしよったんかいなあ? 
 誰か教えてくれへんで。
 
  嗚呼! ハフハフの幸せ。



平成20年1月12日
「今年のパパはチト違う」の巻

年末ジャンボ宝くじで1万円当たったんよ。ほれも、忘年会で行ったスナックで景品にくれたやつなんじょ。
ごっついええ気分で2008年のスタートが切れたわよ。

ハフハフ計画2008、いざ発信! 
 今年のパパはチト違う。 乞うご期待

 豚も煽てりゃ木に登る。パパも煽てりゃまた作る。
  嗚呼! ハフハフの幸せ。


平成19年12月14日
 「ラーメンパパの阿波弁講座 第2回目」

1、えっとぶり(Long time no see.)
        文例)えっとぶりやなあ。
2、いらう  (触る)  
        文例)危ないけん、いらわれん。
3、さどこい (すばしこい)
        文例)さどこい猫やなあ。
4、おぶける (驚く)   
        文例)大声出したらおぶけるわ。
5、どちらいか(You are welcome.)
        文例)「どうもありがとう。」
            「どちらいか。」


平成19年11月19日
「ラーメンパパの阿波弁講座 第1回目」

1、いがる (叫ぶこと)  
        文例)そんなにいがるなだ 。
2、いぬ (帰ること)    
        文例)もう遅いけん、いぬわな。
3、たっすい(つまらない)
        文例)たっすいこと言わんといてよ。
4、へらこい(ずる賢い) 
        文例)へらこいやっちゃなあ。
5、まける (溢れる)   
         文例)風呂の水がまけよるでよ。
6、めげる (壊れる)  
        文例)強うに叩いたらめげるでよ。
7、つまえる(片付ける) 
         文例)ちゃんとつまえといてよ。
8、か~ (ください)    
         文例)このちっか(竹輪)か~。
9、かく (持ち上げる)   
         文例)重いけん、かくん手伝うわ。


平成19年10月17日
食欲の秋がやってきた。天高くパパ肥える秋なんよ。
ほんでも、やっぱり「ラーメン」は止められへんなあ。
 ここでパパが軟弱な男どもに 「渇」!
メタボが怖くてラーメンが喰えるか!
男は黙ってラーメンじゃ。
今日もラーメンを食べられる幸せに乾杯!
嗚呼! ハフハフの幸せ!


平成19年9月27日
 テレビで虎の特集をやっとったんよ。
同じ虎の仲間でも熱帯のジャングルに生息するものから亜寒帯の山岳地に生息するものまでいて、その環境適応力には驚くばかりじゃなあ。
 ほれと似た話じゃけんど、日本の猫も適応能力が高いわなあ。
山に棲み付いたやつが「山猫」になり、海岸地帯に棲み付いたやつが「海猫」になったんじゃろうとパパは思う。
 きっと「山猫」は鳥を主食とし「海猫」は魚を主食にしているんじゃろうなあ。
きっとメタボとも無縁じゃろうなあ。
 これでいいのだ。
思わずニッコリ、嗚呼! ハフハフの幸せ!


平成19年8月10日
脳トレがブームやけんど、お盆休みで錆びかかった皆の脳に「渇!」を入れてあげるけんなあ。
 基本的には「右脳」トレじゃけんなあ。
 ほんならいくでよ。

 漢字の「キヘン」に「赤」と書いたらリンゴと読むとする。
 「青」と書いたらナシと読むとする。
 ほんなら「キヘン」に「黄」と書いたら何と読むんだろうか?
 何々 オレンジ? ちょっと違うわな。
何々 レモン?  これもちょっとだけ違うんじゃなあ。

あと20秒くらい考えよう。答えはこのコーナー
の下じゃ。
何かなあ?
何かなあ?
何かなあ?
何かなあ?
何かなあ?

そんなもん、ヨコ(横)に決まっとるでないで!

脳の錆びを取るにはラーメンが一番!
 ハフハフ!


平成19年7月11日
 みんながラーメンを食べるだけでなく、ちょびっとでも賢うになってもらえるようにとの願いを込めて書き始めた「一言」も、はや連載1年を超えてしもうたわよ。
忘れてしもうた人や復習したい人は、左下の「過去の一言」を見てみないよ。含蓄ある言葉が一杯あるでよ。

 ほんでも、どして、パパにはあんなことが分かるんかなあ?とか、出来るんかなあ?
 とか思うとる人もおるだろうけん、その極意を教えてあげるわな。

 それは、ただ一つ。世の中の森羅万象を分かろうとしてないけんよ。分かろうとするんではのうて、感じることなんじょ。
  ええで。
 つまり、自分の腹を、地球の回転軸の中心と同化して、心眼で見ること。これに尽きるんじょ。
    ハフハフ!

あれ?    笑えよ~。


平成19年6月18日
 父の日は終わってしまったけれど、パパにはこれから1ケ月、こんな食生活をしたるぞ、という夢があるんじょ。
 食事の前に、熱めの風呂に入る。勿論一番風呂に決まっとるでえ。
 風呂を上がってからは、冷凍庫に2時間以上置いたジョッキを取り出し、それに、ゆっくりとスーパードライを注ぐ。
 すぐ飲みたい欲望を30秒間抑える。ええで、この30秒がポイントなんでよ。
 そして一気にノドへ。「ごくっ」ていう音で満足感が高まる。

 そして2杯目は肉系の料理を味わいながら、ゆっくりと飲む。肉系料理の中では「豚角煮」なんかええわよな。
 そして3杯目は、ビールへの感謝の念を込めてチビリチビリと。4杯目は、~云々。

 仕上げはラーメン。それも、こってりの本格派ラーメン。ちょびっとだけ酸っぱめの本科派の冷中華でもかんまんわな。
 いずれにせよ、あっさりラーメンや甘口冷中華のような軟弱なんは、女・子供に任せといて、男パパは本格派を喰らうんじょ。

 夢のない男は男でない。しかしパパには、ちゃんと夢がある。
I have a dream!    by キングパパ 
     あれっ? 嗚呼 ハフハフの幸せ!

 


平成19年5月16日
さて「パパ、初めて本格的に納豆を食す」の
続編や如何。

「語るも哀れ、聞くも哀れ。」あまりに凄惨をきわめた壮烈無比な戦死だったため筆舌に尽くし難く、断腸の思いで掲載を取りやめます。事情をご賢察ください。

替わりに「頬っぺたが落ちそうになった平和な仄々話」を一席。

 そもそもパパが納豆を食べようと思たんは、少しダイエットしょうと思うたけんなんじょ。
 ほなけん、しばらく腹八分目で過ごしとったんよ。ひもじい思いをすることはつらいことじゃな。子供の頃を思い出してしもうたわよ。
ほんで、ほこに納豆事件じゃわな。
 もうどうでもかんまんけん、美味しいものをたっぷり食べたろうと思たんよ。えっとぶりに「ロースとんかつ」を食べたんじょ。
 その時、頬の筋肉が少し痙攣するのを感じたんじょ。
嗚呼、これは紛れもなく、子供の頃に経験した「御馳走を食べて、頬っぺたが落ちそうになった」というやつじゃわよ。
 腹一杯、美味しいものを食べられるんは、ほんまに幸せなことじゃなあ。
      嗚呼 ハフハフの幸せ!



平成19年4月20日
パパ「一念発起して、生涯初めて、本格的に納豆を食す」の巻

 徳島以外の人からしたら、納豆やかい、普通に食べとるわな。ほなけん、たかが納豆で、何を大袈裟なと思うわな。
 ほなけんど徳島では、あんまり納豆に馴染んどれへんのよ。パパやって、昔、東京に遊びに行った時に、ほうとは知らんと、生まれて初めて納豆を食べて、吐き出してしもたことがあるんじょ。
 ほんでも、健康のために一念発起してチャレンジしてみることにしたんよ。
 「徳島ラーメンと同んなじように、生玉子を入れて、ご飯にかけたら食べやすいんとちゃうで。」というアドバイスももろたわよ。
 ほなけんど、もし、よう食べえへんかった時に、ご飯と玉子が勿体ないけん、何も入れんと、納豆だけを食べることにしたんよ。
 いよいよ口に入れる瞬間、脂汗が出てきてしもうた。止めといたらええんに、口に入れる直前に、動物の本能で臭うてしもたんよ。
 あの時のことがトラウマになっとるわよ。
 やっぱりあかんのかいな。
 「食べようか? それともやめとこか?」
 えっとぶりに真剣に悩んでしもうたわよ。

 「過ちて改むるに憚ること勿れ」かいな、ほれとも「もうルビコン河を渡ってしもたんかいな?」

 結局どうなったんかは、次回、乞ご期待!
            ハフハフ!  



平成19年3月22日
近くのショッピングセンターで「わんこそば」大会があったんよ。
1分間で、なんぼ食べられるかを競うだけの、単純明快な競技なんんじょ。
パパはギャラリーとして観戦しとったんやけんど、1組~4組までは、たいした奴はおれへんかったわ。大体1分に7~8皿の素人レベルだったんじょ。

ほんでも、第5組になかなかの奴がおってな、24皿を平らげたんよ。こいつがパパの闘志に火をつけたんよ。「食べ物」では絶対に譲られへんけんな。

ほなけん、最終の第7組に飛び入りでエントリーしたんじょ。
スタートホイッスルから18皿までは楽勝だったんやけんどな、
ほれからがエラかったわよ。ほんなにエライや、考えもせえへんかったわよ。
ほなけん、結果は22杯で惜しくも準優勝だったんじょ。

 昼に「ラーメン」を食べとれへんかったら優勝できとったんに。
嗚呼! 残念じゃわよ。   ハフハフ!

 


平成19年2月15日
昨日、真っ白のシクラメンをもろた。ほんまは赤いんが欲しかっんやけんどな。
ほんでも考えてみたら、花も人間も同じ「生き物」なんやけん、環境や栄養によって色を変えるはずじゃ。
ほない考えたパパは、水やりの時に「白ワイン」を与えてみたんよ。
ほしたら、白い花が、ほんのりとピンクに変わったんよ。これを聞いたパパの親友は、「赤ワイン」なら、
真っ赤になる、と親切に教えてくれたんよ。
さすがに、パパと同期の主席卒業生は、相変わらず賢いわな。

これでええんじょ。   ハフハフ!


平成19年1月16日
深夜、無性にラーメンを腹いっぱい食べとうになったんよ。
ほうと決めたら、余計な「具」はいらんわな。
たっぷりの肉さえあったらええんよ。
ほんで豚バラ肉に味付けをしようと、冷蔵庫をあけて絶句!
あるはずの肉がなかったんじょ。仕方のう素ラーメンだったんじょ。
悔しさと惨めさで、思わず落涙してしもたわよ

「嗚呼、具よ具よ、汝、如何にせん。」
   by 項羽パパ
    あれ?   ハフハフ!

 

平成18年12月21日
近くのスーパーのチラシに、トロ箱売 980円とあったんじょ。
高級なトロが箱に入って 980円なんて超ラッキーと思たんよ。
ほなけんど世の中そんなに甘うなかったわよ。
なんと,トロの箱売でのうて、鮮魚の「トロ箱」
売りだったんじょ。 嗚呼! 惨め
ラーメンを食べて温もろうや。 ハフハフ!


平成18年11月11日
パパの特技は数多あるけんど、その内の一つを披露してあげるわな。
ケーキを食べる時,何等分かに切るわなあ。
おまはんは、この時どれが一番大きいんか区別できるで?
パパは、これを瞬時に判断できるんじょ。
ごっついじゃろ。羨ましいと思えへんで?
 ほなけんど、これは努力しても身には付けへんけんな。
ほとんど天賦の才、所謂、才能というやつなんじょ。
  ハフハフ!


平成18年10月20日
「食べ過ぎ」VS「飲み過ぎ」 
 飲み過ぎは二日酔いと呼ぶけんど、食べ過ぎは何て呼ぶんかいなあ?
 このふたつ、おまはんは、どっちの方がせこいと思うで?
 両方経験したパパとしては、「食べ過ぎ」の方が、ちょびっとハードかなと思うんじょ。
 ほなけんど、良い子の皆は、決して真似をして、試したらあかんのじょ。
 ハフハフ!


平成18年9月22日
 パパの紫陽花が花の付かないままに枯れてしもうたわよ。
 梅雨の切れ間の木洩れ日の中に、水色の紫陽花を見て、綺麗やなあと思たわよ。
 パパもこれを育てようと思たんよ。
 挿し木をして水をやり「早く根付け、早く根付け!」と心の底から祈りながら毎日毎日、1日も欠かさずに、枝を抜いて確かめたんよ。
 ほしたら、、とうとう根を付けずに、枯れてしもたわよ。
 嗚呼!残念。ラーメンを食べて験直ししょうや。 
 ハフハフ!
 

平成18年8月20日
パパの武勇伝「ハフハフ戦記」
「バイキングで必ず元を取る秘訣」

 まずは料理の配列を見て、敵の作戦意図を見破ることじょ。。
 例えば、一番目立つところに、原価が安うて腹にたまる料理を、ようけ並べとうはずじょ。
 「お~と。危ない、危ない。」
 決してその手に乗ったらあかんのでよ。

 「我来たり、我見たり、我勝てり!」
               by カエサル・パパ
 あれっ?  ハフハフ!



平成18年7月25日
アツアツご飯に濃厚中華 
一気豪快にごちそうさん
「嗚呼! ハフハフの幸せ」



平成18年6月30日
 究極の二択
真夏の味噌煮込みうどんvs真冬の冷中華
おまはんは、どっちがイヤで?
 パパはどちらも大好きじょ。 ハフハフ! 


平成18年5月25日
 シャツを洗濯したら、縮んで合わんようになったんじょ。
と、思とったら、自分の体が大きくなっただけだったんよ。嗚呼!
 ほんでもパパは今日も明日も食べるけんな!
 ハフハフの幸せを求めて!ハフハフ!