話題のご当地B級グルメ『徳島ラーメン』、焼き豚など本場の味をお届け!|赤池食品 株式会社

B級グルメ『徳島ラーメン』、焼き豚などの取り寄せサイト|赤池食品 株式会社

携帯ページ

HOME»  過去の一言»  過去の一言 4

過去の一言 4

ラーメンパパ 辺見 明正

平成22年7月12日
「パパのラーメン紀行・沖縄編」の巻 

 九州のはるか南の地、沖縄に行ってきた。
 大東亜戦争末期、日本で唯一の地上戦となった激戦の地。米軍の「鉄の雨」のような艦砲射撃の凄まじさや、断崖絶壁まで追い詰める残酷なモップアップ作戦への徹底抗戦。日本海軍大田司令官に最後の通信として、「沖縄県民、かく戦えり、後に格別のご高配を」 と海軍次官宛に打電せしめた沖縄の奮闘と悲惨さに熱いものを感じたわよ。不覚にも思わず落涙してしもたんじょ。

 平和祈念公園、ひめゆりの塔、司令部跡で慰霊を済ませ、目的の沖縄そばを食べに行ったんじょ。

 太い麺に、ぶ厚い豚バラ肉のトッピング、豚骨のわりには意外にあっさりしたスープ。いわゆる一般的ラーメンとは少しジャンルが違うような気がしたわよ。

 話は変わるけんど、沖縄県民の気丈ぶりに感心したエピソードを紹介するけんな。現地のガイドから聞いた話なんじゃけんどな。

 それは、92歳のお婆さんが、家に侵入してきた猛毒のハブをハエ叩きで、撃退したっていう話なんじょ。これって、ごっついことじゃと思わんで?なにせ92才のお婆さんなんじょ。なんと気丈なことじゃろうな。

 おまはんや、万一、ハブとや遭遇したら、どないするで?凍ってしまうかもしれんわな。

 パパなら、こうするんじょ。

 「お前は毒を持っとんか?」とハブに聞いてみるわ。

 ほしたら、ハブは、こう答えるかもな。

 

 

  Yes, I have.

 嗚呼、 ラーメンを腹一杯食べられる 「ハフハフ」の幸せ!

平成22年6月10日
「入院患者のヒエラルキー」の巻 

 
永年の大酒、煙草、不摂生が重なり、人間ドックで異常な数値が出てしまい、2週間の検査入院となってしもうたんじょ
 ほなけんど、自覚症状は全くないもんやけん、一日中退屈極まりない。自ずと向かう先は、患者専用のサロンになるわな。

 そこでパパは自己紹介をして仲間に入れてもろたんじょ。最初はわからんかったけんど、3日くらいしてから、入院患者に、はっきりとした序列があることがわかってきた。

 それは、どうも検査数値の悪い順番に、横綱、大関、関脇~と続いとるようだったわ。パパの地位は十両くらいで、将来、上を狙える期待の新人といった扱いだった。

 おかしな価値基準があるもんじゃ、とおぶけるとともに、ちょっと待てえよ、と思たんじょ。

 ほなけん、先生に、「こんなところで居ったら、病気になってしまうけん、早う退院させて。」

 ほしたら、先生曰く。「あんたは、立派な病人でよ。」

 嗚呼!

平成22年3月29日
「アメリカでの失敗談 VOL2」の巻 

 
アメリカ流通事情セミナーも終盤。
 肉食系のパパも、流石に肉系の連チャンには辟易としてきた。
 嗚呼、あっさり醤油ラーメンか、うどんが食べたいけんど、此処はアメリカ中西部ミズーリー。 そんなもん、あるわけないでえな。

 ところが、見学に行ったショッピングセンターにチャイニーズレストランを発見。
  Heaven helps those who help themselves!

自由行動時間があまりないため、全力疾走で向かったんじょ。なにせアメリカのショッピングセンターは滅茶苦茶、広いけんな。

 ところで、ラーメンって英語で何て言うのだろう。あれ?たしかヌードルのはず。
 パパは2杯くらい食べてやれと思い、ヌードル欄にあった五種類のメニューのうち二つをオーダーした。

 オーダー品が来るまでの時間の、それはそれは長かったこと。
  My order has not come yet.
そしてヌードルが来た。 パパは一瞬凍った。
 何なん、これは焼そばとちゃあうんか。ラーメンとちゃうでえ。

 その時、思い出した。ラーメンは英語でスープヌードルだった。でも、集合時間までの時間がない。こんなところで一人残されたらえらいこっちゃ。
  OH my God!

 

平成22年2月20日
「アメリカでの失敗談 VOL1」の巻 

 アメリカ流通事情セミナーに参加したんじょ。
  到着した日の夕食はステーキ。巨大サイズと値段の安さにおぶけてしもうたわよ。ほだって、夕食代はツアー料金に含まれとんじゃけん。
   That hit the spot. I'm so full.

 翌日は、朝のうちに夕食を予約するシステム。 ビーフとチキンのチョイスだったんじょ。
どっちでも値段は一緒。 パパは思うた。チキンなら丸々1匹、ひょっとしたら2匹出るんとちゃうかいな

当然、チキンをチョイスしたんじょ。

 そして本番。先に巨大なビーフが運ばれていく。  Not big, but huge!

そしてチキンが来た。 パパは一瞬凍った。何なん、このジャパニーズ・サイズは?

 パパは理解した。アメリカではビーフは日本と比べて滅茶苦茶安いけんど、チキンはあんまり変われへんのじゃわよ!

  嗚呼! 


平成22年1月16日
「パパのラーメン紀行・博多編」の巻 

 九州は福岡に博多ラーメンを食べに行ってきた。
  札幌での苦い体験を反省し、今回は少々荒っぽく感じる九州弁が聞こえてくる店を探したんじょ。
やっぱり地元の人に人気のある店こそ本物の店、研究に値する店じゃと、パパは思とうけんな。

 金曜日の夜だったこともあり、どの店も結構、混んでいた。「~とねん。」「~じゃなかと。」 九州弁に間違いない。

 白くて濃い豚骨スープに、かなり細い麺、チャーシューとネギ、きくらげがトッピングされていた。
紅生姜とゴマが自由に入れられるようになっとったわよ。

 これは、かなりのレベル、特にスープは絶品じゃと思った。全部を飲み干して、幸せな気分になってきたわよ。

  嗚呼! ハフハフの幸せ。

 ほん時だった。隣の客が替え玉を頼んだんじょ。メニューには替え玉130円と書いてあった。
  よっしゃ、パパも替え玉を頼もう。

 「すいません、こっちも替え玉お願いします。」

  すると店の人が、呆れたように一言。

 「お客さん、スープが残っとらんとよ。」
   嗚呼~ 

平成21年11月20日
「パパのラーメン紀行・札幌編」の巻 

 北海道に札幌ラーメンを食べに行ってきた。
ガイドブックに載った観光客相手の店でのうて、地元の人が並んでいるような店を探したんじょ。
やっぱり地元の人に人気のある店こそ本物の店、研究に値する店じゃと、パパは思とうけんな。

 寒い寒い、すすきの界隈を歩きまくって、やっと、行列の出来とる店を見つけたんじょ。 ラッキー!

 「昭和31年創業の店」という看板も気に入ったわよ。
  店もお客さんでごったがえしとったわよ。パパは「この店で一番売れているラーメンを頂戴。」とオーダーしたんじょ。

 一番人気の黒味噌ラーメンはかなりのレベル、美味しい!と思うとともに、幸せな気分になってきたわよ。

  嗚呼! ハフハフの幸せ。

 ほん時だった。奥の大テーブルの10人位のグループ客が、食べ終えて帰ろうとした時だった。
  全員が、大きな声で「結構いけまっせ。」「美味しいやんか。」「なんぼかいな?」「割り勘でええやろ。」と、見事な大阪弁で喋ってくれたんじょ。
  嗚呼~ 



平成21年10月25日
「十年ひと昔」の巻 

 徳島ラーメンが全国デビューをしてからはや10年なんじゃな。
あん時は、ほんまにごつかったなあ。 毎日のように新聞に取り上げられ、TV、ラジオは特番をようけ組んどったもんなあ。
 「あれから10年、よう徳島ラーメンを続けてこれたもんじゃ。」と、秋の夜長にはしみじみと思うわよ。

 少年老い易く学成り難し。一寸の光陰軽んずべからず。

 さあ、次の10年に向かって、Let`s Sail !

 嗚呼! ハフハフの幸せ。

平成21年8月25日
「非常によく効く薬」の巻 

 お盆が終わって、流石にパパも、ちょびっと疲れ気味。朝起きた時に、めまいがしてしもたんじょ。
  時間が経ったら治ると思っとんたんに、全然ようならんかったんじょ。
 目の前の景色が右に回るようにみえたんよ。ほんまにおぶけてしもうたわよ。

 念のため、内科に行ったんよ。ほしたら先生が、夏バテと診断して、点滴注射をしてくれたんよ。
ほの点滴にはめまいによう効く最新の薬も混ぜてあったらしいわ。
 ほの薬の、ほんまによう効くんに、パパはおぶけてしもうたんじょ。

 ほだってな。ついさっきまで右に回っとった景色が、今度は反対に左に回りだしたんやけん。

 嗚呼! ハフハフの幸せ。



平成21年7月4日
続「正しい日本語と漢字」の巻 

 それでは漢字のテストじゃけんな。

 霞ヶ関あたりでは、人気知事出馬や解散、人事のことで、多くの話題を提供してくれとんでな。
  ほのニュースを見ていて、パパはびっくりしてしもうたわよ。
 ある国会議員が「党の幹事会で喧喧諤諤(けんけんがくがく)の議論がされた。」とインタビューに答えとんたんじょ。
本人は誇らしげに答えとったけんど、実際、国会議員たる者として大恥もんじゃわよ。
 
 頭に喧喧(けんけん)とくれば,その次は囂囂(ごうごう)と続くのが正解なんじょ。
喧喧囂囂。まとまりのつかない非建設的な意見ばかりが出てくるイメージじゃわな。
 ほんで、後ろが諤諤(がくがく)なら、その前に来るのは、侃侃(かんかん)でえな。
侃侃諤諤。これは忌憚のない率直な意見をぶつけ合い、建設的な議論がなされるイメージじゃわな。

 おまはんやは、知っとたわな。喧喧囂囂(けんけんごうごう)と、侃侃諤諤(かんかんがくがく)。
 
  チャンポンにするのだけはやめましょう。そうでないと、相当恥ずかしい、とパパは思うんじゃけんどな。

 嗚呼!ハフハフの幸せ。

平成21年5月25日
「正しい日本語と漢字」の巻 

 人気の漢検の理事長が逮捕されてしもうたな。漢字検定の受験者が減ってしまうのは、寂しいことじゃわな。
ほだって、滅茶苦茶な漢字と日本語の使い方をする人が増えているのは嘆かわしいことだと思うけん。
 そこでパパが、おまはんやの日本語と漢字のレベルをテストしてあげるけんな。

 まずは日本語。

 小学生が「兎って美味しいのかなあ」。と会話していた。
パパは本当にびっくりしてしもうた。
 問題は文部省唱歌の「ふるさと」なんよ。「兎おいし」の「追いし」が「美味し」になっているんじょ。

 おまはんや、この話、笑えるで?

  それに、卒業式で歌う「仰げば尊し」「思えばいととし」を「思えば愛しい」と解釈している人のなんと多いことか。
おまはんやは、そんな低レベルと違うわな。 そう、これは「思えば、いと疾し」、
"very fast"のことじゃけんな。
 
 次いで漢字のテストをしてあげようと思うたけんど、紙面の都合で次回にするわな。ように頭を鍛えときよ

 嗚呼!ハフハフの幸せ。



平成21年4月18日
「初めて東京へ行った時の失敗」の巻 

 4月になり、学校や会社では新入生が沢山、入ってきたことだろうな。
パパも数十年前、新入生として初めて東京で暮らし始めた時の、小さな失敗談を思い出してしもうたなあ。

 喫茶店での恥ずかしい話vol 1
  パパは濃い目のコーヒーが大好き。
でも一緒に喫茶店に入った友人がみんな、当時流行りの「アメリカンコーヒー」をオーダーしたんよな。
 そこでパパは一言 「同じくアメリカン。  濃い目にお願い。」

 喫茶店での恥ずかしい話vol 2
  コーヒーで失敗したパパは、ほれがトラウマになり、しばらくはコーヒーをやめて、紅茶にしようと思ったんよ。
 今回も友人は、アメリカンコーヒーをオーダーした。
 ほなけんどパパは、「紅茶をお願いします。」と言った。
ほしたらウエイトレスが「ミルクですか?レモンですか?」って聞いてきた。
 そこでパパは、強く言ったんよ。
「いいえ、紅茶です。」

 嗚呼!ハフハフの幸せ。



平成21年3月7日
「野球クイズ」の巻 

 いよいよWBCが始まったな。野球の話が出たところで、パパが、おまはんやの頭の柔軟性をテストしてあげるけん、ように考えて答えてみてよ。

(問題)「ピッチャーが1試合を完投するには、理論上、最低、何球を投げんといかんのかなあ。」 

「なになに、27球?」
「ブー!それでは、素人の浅はかさよ。」

 「ヒントは、負け投手になった場合を考えてごらん。」
  「そう、正解は25球」

(解説)
  こちらが先攻だとする。だから1回裏から登板し、一人目の打者の1球目にホームランを打たれてしまったんじゃ。
 しかしその後は、見事に全打者を1球づつで仕留めたとしよう。
その後、味方打線の援護なく、9回表ま0点が続いてしまい、それでゲームセット。
スコアは「0対1」。
 相手の9回裏のスコアボードにはXが入る。
 とすれば、先攻チームの投手は8回しか投げられないわな。
  だから、1球 + 1球×24人 =25球。
「わかるかな?」

 分らない人はラーメンを食べて、頭を柔軟にしよう。



平成21年1月29日
「パパ高らかに宣言する」の巻 

 第44代バラク・オバマ、アメリカ大統領の就任演説を聞いてパパは感動した。
  希望を感じさせるオーラがあったわな。
 ほんまに世の中は不景気の真っ只中。
お父ちゃんは外で500円のラーメンを食べる楽しみさえ我慢せんといかんのよな。

 ほなけん、パパは、もっと安い金額で家でも本格ラーメンを食べられるよう、お父ちゃん、おっさんに希望を灯すことを決意
したんじょ。
 ほう言えば、オバマさんが尊敬する人は第16代リンカーン大統領らしいな。パパと一緒じゃわよ。

 よって、パパはここに、高らかに宣言する。

 おっさんの、おっさんによる、おっさんのためのラーメン !
Of the ossan, by the ossan ,for the ossan !
 by 脂ハム・リンカーン・パパ



平成20年12月13日
「徳島ラーメンに生玉子を入れての食べ方三景」の巻 

 徳島県外のお客さんから、徳島ラーメンに生玉子を入れるまでは分ったけど、その
後、どないして食べたらええんで? との問い合わせが結構多かったんじょ。
 ほなけん、パパが教えてあげるわな。

 その壱 最初に玉子を割って、肉を浸けて食べる「すき焼流」
  その弐 暫く放っておいて、少し固めてから食べる「月見流」
 その参 真中に箸を突っ込み、均一に混ぜる「玉子スープ流」

 正解は無いんじょ。ほんなもん、好きなようにしたらええわよ。
  因みにパパは、その壱の「すき焼流」じゃな。
 これをご飯と一緒に食べたら最高じゃなあ。正に至福の時とは、このことよ。

 「嗚呼! ハフハフの幸せ!」



平成20年11月1日
「秋の夜長、物思いに耽るパパ」の巻 

 パパも年を取ってしもうたけんかいな。
こんな秋には物思いに耽るようになってしもたんじょ。

 ほれはな、徳島ラーメンはじめ、いろんな商品を開発した時の思い出なんよ。最初
は全く、上手くいけんで、嫌気がさしてきてしもうたことが何回もあったわなあ。
 丁度「読書の秋」やけん、ほの時の心境を小説のタイトルで表現してみるわな。

試作品テスト
1発でOKだった時    「奇跡の人」
3回目に着手した時  「夜明け前」
5回目に着手した時   「暗夜行路」
10回目に着手した時  「破戒」
15回目に着手した時  「人間失格」
遂に20回目に着手    「ある阿呆の一生」

 湯気吹かば にほひをこせよ 試験室 
      成果なしとて 志忘るな(菅公パパ) 
    「嗚呼! ハフハフの幸せ!」



平成20年10月6日
「清水の舞台から飛び降りたパパ」の巻 

 今秋から、またもや値上げラッシュやな。
  生活のベースである食品までが値上げせざるを得ない状況になってしまうんやから、ほんまに世の中、暗いわな。
 政治家は、政策よりも政局ばかり気にして、ほんまに国民のこと考えとんかいな。
公務員のことばっかり言えんわな、と感じるんはパパだけと違うと思うでよ。

 アメリカからは、強烈な経済破壊ウイルスが飛んできて、株価は滅茶苦茶下がってしまうわ。年金の不祥事が、また発覚するわ。

 こんな暗い、ええ加減ハラの立つ世の中に、パパが一石を投じるけんな。
ほれはズバリ、ラーメンの大特価セールなんじょ。
清水の舞台から飛び降りるけんな。何時まで続けるかはパパの気分次第やけん、早めにお買い上げあれ。
美味しいモノを食べて、心を和やかにしてみいへんで。

 「嗚呼! ハフハフの幸せ!」



平成20年8月23日
「えっとぶりの感動」の巻 

 おまはんやみんな、北京オリンピックの女子ソフトボールを見たで?
  今まで勝てなかったアメリカに臆することなく正々堂々と挑み、脅威の粘りと勝利への執念で、金メダルを獲ってしもうたんな。
 上野投手は正に獅子奮迅だったわな。ほんまにおぶけたわ。
 勝利の瞬間、思わずパパは涙腺がウルウル状態になったんじょ。
 感じるところ極めて大なり。

 ほれにひきかえ高給取りのプロばっかり連れて行った野球は残念ながら、完全に引き立て役になってしもうたわな。

 ほんまに、ええ勉強させてもろうたわよ。
パパも食べた人に感動してもらえるラーメンを作るんじゃ、と燃えてきとんじょ。

「我が思い、もはや邪なし」
  「嗚呼! ハフハフの幸せ!」



平成20年7月19日
「弁証法ラーメン」の巻 

 7月と言えばアメリカ独立戦争やフランス革命があった月だんたんでな。パパもこれに刺激を受けて、新しいことを考えてみたんじょ。

 ほれはな、偶然、徳島ラーメンに普通のチャーシューを入れてみたんよ。
そしたら、これが案外美味しかった。従来の豚バラスライスの甘辛煮付と比べても遜色なかったんで、これを新しく商品化したらええわと考えたんよ。
ほなけんどちょっと待てよ。
いっそのこと、両方入れてみたらええでえ、と閃いた。テーゼ、アンチテーゼをアウフヘーベンして出来た、弁証法ラーメンなんじゃな。
 パパはこれを「ダブル肉」と呼ぶことにしたけんな。

 ヘーゲルはん、ありがとう。パパは参考にさせてもろたじょ。
  いっぺん買うてみてよ。ドイツ語が喋れるようになったりしてな。ほんな阿呆な。

 「嗚呼! ハフハフの幸せ!」


平成20年7月4日
「燕雀 安くんぞ 鴻鵠の志を知らんや!」の巻

 またまた鰻の産地偽装が発覚した。徳島の会社が絡んどるんで徳島のイメージが下がってしまうんが心配じゃわよ。
ほんでも、いかんことは、やっぱりいかんもんな。
警察がはっきりとしてくれるはずじゃ。

 ところで、パパは、こんな時代やけん、真剣に、今年1月から、国産小麦だけで、美味しいラーメンが作れへんかな、と考えて、いろいろ実験してきたんじょ 人はな、国産小麦のような軟弱な粉で、あのラーメンのコシが出来るはずない、と言うんじょ。
  ほなけんどパパは必ずやるけんな。人があんまりせえへんこと、先例のあんまりないことをやる時、阿呆扱いされるんは、歴史が証明しとうもんな。
ほなけん、パパは平気じゃ。
 もう、ちょっとだけ待ってよ。あとちょびっとで完成のところまで来とうけんな。

 乞う ご期待!
  「嗚呼! ハフハフの幸せ!」